中小企業のベストパートナー 土田会計事務所

  • ホーム
  • 事務所概要
  • 業務案内
  • 料金体系
  • 採用案内
  • お問い合わせ

所長のコラム

大変革時代 自身が変わる努力を

あなたはこんなことがありませんか?
無意識の内に特定の新しいものに対してこうだと決めつけ、自分の中で排除している事が。

私は最近そのようなことが多いことにふと気づき、焦っています。
少し前はホリエモン問題、最近ですとビットコイン、それに毎日同じメンバーが繰り返すテレビのバラエティー等々です。
特にビットコインについては「あれはマネーゲームであり、ギャンブル以外の何物でもない。国がもう少しキチンと規制管理すべき」という考えが強かったせいか、近づかないばかりか、詳しく調べようともしませんでした。
日本で400万人以上の人々が利用し、その人々が今年も確定申告の必要に迫られているというのに。
汗水を流さないで富を得るような、あたかも虚業に思えることに関しては頭から拒否反応を示し、理解しようとしないできてしまいましたが、それがますます強くなっていることに気が付いたのです。

AIの進歩により、モノづくりのほとんどをロボットが担う近未来に、モノづくりにだけに価値があると拘っていることは、明治の初めに蒸気機関車を認めず、馬車に拘っている風景と変わらないとも思えてしまったのです。
車の自動運転が目前に迫っていることや、将棋のプロがAIに負けるニュースをはじめとした、歴史的な大変革時代に遭遇して、自身が変わる努力を怠れば、急激なしっぺ返しを食らうことになると思い唖然とするのです。

自分の苦手なもの、嫌いな事柄にも、積極的に理解しようと挑戦し、自身の進む道のヒント、参考になる部分はないかと柔軟に対応できるようにしたいものです。
大した成功体験もない私ですらそうですから、大きな成功体験がある人はおそらく、なおさらその成功体験から脱出することが難しいかもしれません。
年齢と経験を積むことの強みは、それに拘泥せずに柔軟な幅を持つことで更に強い武器となることと信じている今日この頃です。

2018年2月15日

  • ホーム
  • 事業所概要
  • 業務案内
  • 料金体系
  • 採用案内
  • お問い合わせ

Copyright ©土田会計事務所 All Rights Reserved.