中小企業のベストパートナー 土田会計事務所

  • ホーム
  • 事務所概要
  • 業務案内
  • 料金体系
  • 採用案内
  • お問い合わせ

所長のコラム

米政権交代

トランプさんのような方が身近にいたとしても、友人になるのは遠慮しておきたいと思います(向こうも相手にしてくれないでしょうが)が、これが自社の最大のお客様であったなら、如何でしょう。
初めからトランプさんが担当者なり社長なりで取引を始めようとしているなら別なのでしょうが、途中で交代してトランプさんが影響力を及ぼすような場合は、まさに今の状況かと思われます。
既に人も国も、自分だけ一国だけでは成り立たないように仕組みが出来上がっています。
しかしながら彼の資産は5千億円とも1兆円ともいわれ、世界の長者番付100人に入る人らしいです。
凡人には想像すらできない金額と精神力ですが、こんな方が権力まで手に入れ、世界中を振り回しています。
正式な記者会見ではなく、全世界が本人のツィッターとそれに続いた大統領令への署名に右往左往させられている異常な様相です。
自由と寛容を掲げ、世界中からアメリカンドリームを求める人材が集まるリーダー国としての、つい最近までのアメリカが返ってくることはあるのでしょうか。
戦後の貿易自由化と米国の笠の下で最大の恩恵を受けてきた日本は、これから様々な決断を迫られていくことが予想されます。
民主主義のリーダー国で、正式な手続きを経て誕生した新政権ですから、ご本人の健康問題以外では、最低4年間は世界中が多大な影響を受けることでしょう。

現状の日本政府の対応は、正直よく頑張っているというのが私個人としての評価です。
以前に申し上げましたが、この米政権交代が、日本が安定政権の時で良かったという感想です。
この機会に日本は、名実共に独立国として立つことが重要だと思います。
そのためには、国防・財政・外交などがそれぞれ自立する方向で動き出すことが出来れば、ことわざにある、「禍を転じて福と為す」ことができるのかもしれません。
恐らくこの激震は、大企業から始まり中小企業へもストレートに影響を及ぼす事でしょう。
どんな時も中小企業には良いことは比較的ゆっくり影響し、悪いことはすぐに大きく影響するようです。
私達は正攻法で前に向かって良い会社創りをし、自らが良い経営者になることに全力投球する以外、道は考えられません。当たり前のことを、当たり前以上にきちんとできる会社をいつも通り目指す覚悟です。

2017年4月5日

  • ホーム
  • 事業所概要
  • 業務案内
  • 料金体系
  • 採用案内
  • お問い合わせ

Copyright ©土田会計事務所 All Rights Reserved.